【1605】INPEX(旧:国際石油開発帝石)身近なもののために遠いところで働いてくれている会社です。日本で唯一の黄金株も!

資源開発最大手です。2021年4月「国際石油開発帝石(株)」から「(株)INPEX」に社名を変更しました。

ガソリンや灯油を私たちが買う「前の」、また様々な石油製品になる「前の」石油や天然ガスの開発をしている会社です。

資源を「探す」→「掘る」→「生産」→「運ぶ」の全工程を行います。

油田開発と聞くとディズニーのカーズ2がいつも思い出される私。海のど真ん中に浮かぶフロートから高い塔がドンと立って、煙突から炎が噴き出して、、、悪だくみの現場をこっそり調査したフィン・マックミサイルが見つかって、逃げるまでのアクションシーン。。子どもと何回観たことか。

もちろんそんなアクションはありませんが、スケールの大きい会社ですよね。でも事業の性格上あんまり表には出てこない縁の下の力持ち的な存在だと思っています。


筆頭株主は経済産業大臣(政府)で、約19%保有しています。さらに日本で唯一の黄金株も経済産業大臣が保有しています。

黄金株とは「拒否権付種類株式」の俗称です。

「拒否権」を行使すれば他の株主の意見を覆せるほどの力があります。なので、敵対的買収をされそうになったときに反対の意思を示せば買収を阻止できたり、たとえば自分の子どもに事業を継承するときに、まだ不安な場合は親が黄金株を保有しておけば道を間違えそうな時にブレーキになるというメリットもあります。

いずれにしても、末端株主の私には遠い話のことですね。

筆頭株主や黄金株を政府が保有しているということは、政府の庇護下にあるということでしょうか。となると倒産する可能性はほぼないと思っています。

半官半民でもなく、6官4民くらいの印象ですね。資源は供給がストップするわけにはいかないから仕方ないのかもしれないですけれど。

myuu
myuu

でも、ますます安心だね

CMもやっていますね。

初めて見た時は少しびっくりしたけれど、自分が株を持っている会社のCMが流れるとなんだかうれしいですよね。でも、あのCMを見ても、何のCMかよくわかりませんでしたよ。どんな会社なのかもよくわからず。なんとなくイメージアップになればいいのかな。


株主優待は、400株1年以上2年未満保有でQUOカード1000円分からはじまり、保有株数が増えたり、保有期間が長くなるとQUOカードの金額が増えていきます。上限は800株以上3年以上でQUOカード5000円分です。

INPEXを知ったのは、他の方の株ブログでした。とにかく持っていればいい株だと。

どういう意味かなと思いながらも、半官半民だし油田開発はカッコいいし、気になったのでとりあえず100株買ってみました。その後優待のことも知り、長期保有がメリットであるし、これが「持っていればいい」という意味かなと少し理解しました。せっかくなので、優待の効く400株を超して、もし大きく上がったら一部売ってもいいかなと思い500株買ってみました。

買ってすぐは下がりましたが、今は上がってプラスでもあるし、まずは持ち続けます。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました